炎炎ノ消防隊【アニメ感想】「第5話”開戦”」アーサーくそ雑魚?

Pocket

MBS・TBS系全国28局ネット”スーパーアニメイズム”枠にて毎週金曜25:25~放送中の

アニメ「炎炎ノ消防隊」

引用元:MBS

今回は炎炎ノ消防隊アニメ「第5話”開戦”」の内容と感想をまとめました!

炎炎ノ消防隊とは?

これはダークファンタジーな作品でこれを描く原作者は「ソウルイーター」でおなじみの、
大久保篤先生!

引用元:ぜろぷら.あにめ

炎を扱い足で攻撃するのが主な戦闘法で幼い頃に火事により家族を失った主人公:森羅 日下部。

引用元:あにこ便

そしてその森羅と所属する第8特殊消防隊が世界を脅かす”人体発火現象による「焔ビト」を根絶しその原因を究明していく物語。

炎と足技ってThe・ヒーローって感じですよね!

しかし、

作中であるように森羅は緊張したりするとギザギザの歯が見える引きつった笑み

引用元:アニメイトタイムズ

自身の炎を足から出し踏み切った足跡

引用元:ツイアニ

それらが悪魔のそれに見えるために周りからは

悪魔”と言われていますね。

全く知らない方もこれを見れば炎炎ノ消防隊の世界がわかります!

PVもご覧ください!

どうでしょうか?炎炎ノ消防隊の世界はお分かりになられたでしょうか?

それでは早速!炎炎ノ消防隊第5話「開戦」の感想レビューをします!
※細かいことは気にしすぎずに率直に感じたことを書くので後の展開の予想をして全く当たっていなかったり誤解を招く場合がありましたら申し訳ないです(笑)

アニメ『炎炎ノ消防隊・5話”開戦”』のあらすじと内容

5話は前回の4話「ヒーローと姫」で森羅たちが自我を持ったまま焔ビトとなった”ミヤモト”を鎮魂しようとしたところを第5特殊消防隊に阻まれ、ミヤモトを回収された後から始まる。

今回の話は第5の握っている情報・焔ビトの秘密を調べるための内輪揉めが主になっていきます!

結構早いですね!

『炎炎ノ消防隊・5話”開戦”』第5の怪しい動き

第8のメンバーらは明らかに第5の人間が焔ビトの秘密を握っているのでは?

と考え第5に乗り込む計画・訓練をしていました。

そんな中説明時に大隊長(秋樽)は相変わらず変わったことをしています!
大量の重りをバランスよく組上げた物をバランスボールの上で上手い事支えていますw

そこで説明を武久(中隊長)に任せますが、

帽子ががとても独特で「壁の中のせつ子さん」

となんとも変わったポップな字体の帽子を被っていますw

そのせいで森羅は

「話の内容が入ってこない」

そして相変わらずアーサーはバカなことを言って話を聞いてないw

炎炎ノ消防隊って基本物語としてはダークではありますが、

それを補うためなのかこのようなギャグシーンやシリアスなシーンでの笑いなどもかなり多いため、
人によっては好みが分かれますよね!

『炎炎ノ消防隊:5話”開戦”』アイリス(シスター)の過去

引用元:おた☆すけ

アニメ5話では冒頭にシスターであるアイリスの過去が描写されています。

この中ではアイリスが教会にいた頃の様子がわかりますが、

そこでは第5の大隊長であるプリンセス 火華がいることが伺えます。

そこで 火華のことをアイリスが慕っていることがわかりますがちょっとそっけない感じ。

引用元:おた☆すけ

集合写真を撮る時肩に手を置かれた事に気づいたアイリスはニコリと微笑んで写真を撮っていました。

第5の大隊長「プリンセス 火華」に会いに施設に訪れるアイリス

アイリスは火華に会うために第5元まで足を運び、

大隊長と話をしに来たと

「アイリスが来たと伝えて下さい」

と門の前にいる隊員に伝えプリンセス 火華と会います。

ですが、

第5のやっていることを問い詰めるや否や、火華はアイリスに対し突っかかるように言葉を飛ばし、

引用元:おた☆すけ

アイリスの服を焼いてしまいます!

見る見るうちに焼けてきますが勿論お約束で全てではなく隠すべき部分だけ焼けずに残る
奇跡の燃焼が起こります!(笑)

いろいろ喋った後にちゃんと服を掛けてあげる火華。
なんだかんだで優しいのかな?(笑)

『炎炎ノ消防隊:5話”開戦”』アイリス捜索と第5への突入!

その後場面変わって森羅達第8のみんながアイリスがいない事に気づき、

それに伴い第5への突入を開始!

まずはやはり足速な森羅が先行して第5に乗り込みます!

そこで数人蹴り倒して

「何者だ?」

と聞かれて

引用元:おた☆すけ

しすたーなんちゃら助けるマンだとかなんとか…

いや、ネーミングセンス皆無過ぎwww
なんかイマイチ決まってないぞ!シンラよ…(´-ω-`)

その後、桜備大隊長ら第8のメンバーも到着!

森羅を先頭に飛ばし、

武久らで外の連中を始末していきます。

基本軽いチャラ男トオル 岸理

普通の隊員を相手した後に

5thエンジェルス3が現れます。

引用元:おた☆すけ

ですが武久と茉希 の二人で
こいつらもパパっと始末してしまいました!

そこで隠れていた第5の隊員トオル 岸理が影から、
自身の能力で作った可燃性ガスを込めたフーセンガムを飛ばします。

相変わらずチャラチャラしてますね!
まあ、こういうキャラは面白いので好きですw

一旦影に身を潜める武久と茉希 。

お互い隠れていて正確な場所が探れない中、武久が数発の弾を宙に打つと、

弾道制御を使ってトオルが隠れている倉庫内に。

トオルは「どこに撃ってるんだ」というと、

着弾した火花を利用して弾道を変え、

倉庫内を縦横無尽に弾が動きまとめてトオルに直撃しあっさり倒しました!

実はアーサーはクソ雑魚?

そんな中アーサーは一人で森羅の後を追っていると、

小っちゃい爺さん隊員が!

その後ろには第5が回収した焔ビトとなったミヤモトが頭部に”5”の字を入れて立っている。

ミヤモトは薬の力で炎の力がとてつもなく上がっていると言うジジイ。

しかしそれに臆することなく立ち向かうアーサー。

ただ全くと言っていい程攻撃が当たらない。

というよりその前にボコスカ殴られています(笑)

そこでアーサーは「いつもの調子がでない」

と言いますが、ミヤモトが、
「口だけで実際は雑魚カスでなにかのせいにして、地獄でも言い訳してロ!」

と言いトドメを刺そうとしますが、

その間際にアーサーが何か気づきます。
「何故右利きの俺が左手で戦っているんだ?」

と剣を持ち換えます。

すると瞬く間に焔ビト”ミヤモト”を断ち切ってしまいました!

いや「は?」

確かにアーサーがバカなのは知っていたがここまでくるとバカを超えたバカであるw

まとめ

炎炎ノ消防隊5話”開戦”はタイトル通り第5特殊消防隊へと乗り込み戦闘が開始したところで終わりました!

今回アーサーが実はバカな上にクソ雑魚かと思わされる展開がありましたが、

実際は「超バカで強かった!」でしたね!

果たして一体第5の連中は何を企んでいるのか?

そして特殊消防隊は本当に市民のために動いているのか?

先が気になります!

それでは!